盛り塩ってどんな意味があるのか知ってます?簡単盛り塩の作り方(`・ω・´)+

盛り塩とは?

盛り塩(もりしお、もりじお)とは、塩を三角錐型あるいは円錐型に盛り、玄関先や家の中に置く風習である。主に縁起担ぎ、厄除け、魔除けの意味を持つ。

岩塩などを盛り塩皿に盛り塩固め器などの器具を用いて三角錐や円錐に盛る。敷板が併せて用いられることもある。

日本の盛り塩の風習は奈良・平安時代には既にあったとされる。
(出典:https://ja.wikipedia.org/wiki/)

盛り塩は縁起担ぎの意味もあるんですね。

はじめて知りました。( ་ ⍸ ་ )

私ずっと、盛り塩=霊的なものを入れないようにするだけのものって思ってましたから。

広告

盛り塩の塩はどんな塩がいい?

私は、「自然の塩なら何でもいい」って言われたんですけど、本当ならお清めしてもらった塩の方がいいらしいです。

私はスーパーで売ってる「伯方の塩」を使っています。

今は、色つきの塩なども売ってあるみたいですね♪

盛り塩を盛るお皿はどんなのがいい?

私は、「アルミホイルでもいいからお皿の形にして」と言われたんですが、家にあった陶器の白い小皿に盛り塩をしました。

できれば、無地・陶器・丸い・小皿がいいみたいですよ!

100均とかにも売ってあります♪

盛り塩を交換する時期は?

盛り塩は1日と15日に交換するのがいいそうです!

昔から1日と15日は「神様の日」と言われているらしいですよw

1日と15日以外でも、塩の色が変わった場合や塩がかたまってしまった場合は塩を交換した方がいいみたいですw

毎日交換できる場合は毎日した方がいいらしいですよ♪

使用した塩はどうすればいい?

使用した塩はシンクにながしたりトイレに流します!

間違っても、勿体ないからと使ったりしちゃ絶対ダメみたいです。

盛り塩をした後の塩には悪いものが吸収されているから、食用に使ったり掃除に使ったりすると悪いのもを巻き散らかすことになるみたいですw

参考にした盛り塩の簡単な作り方(動画)

とてもわかりやすくて、簡単にキレイに盛り塩ができますよ!(`・ω・´)+

広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする