無添加ドッグフード ブッチ 「ホワイト・レーベル」口コミレビュー♪

無添加ドッグフード・キャットフードの『ブッチ』って知ってますか?

ブッチのドッグフードは、生肉とほぼ同等の栄養成分と水分含有量になるように、必須栄養素をバランスよく配合し、より新鮮で健康的なコンセプトで作られています。

環境規制が世界一厳しいといわれるニュージーランド産の原材料を、独自のノウハウで低温調理・パッケージ包装することで、自然な栄養成分がそのまま活かされているドックフードなんです。

そんなブッチの「ホワイト・レーベル」をモニターさせていただく事になったので、さっそくレビューさせていただきます♪

うちのダックスさん超ウッキウキしてます♪←

ブッチ・ジャパンファンサイト参加中

広告

ブッチ・ペットフードの特徴

全てニュージーランドの大自然に育まれた、安心・安全な原材料を使用しています。

牛や羊は、100%牧草肥育されてるんですよ♪

独自の低温加熱調理法により、自然な栄養成分がそのまま活かされているんだそうです。

精肉と同じ約70%の理想的な水分含有量、そして自然な栄養成分により、消化器系に負担のかからない優れた消化呼吸を実現しているらしいです。

そして、アレルギーの原因物質として広く知られている各種のアレルゲンを含んでいないんですって。

必須栄養素をバランスよく含みながら、一般的なドライフードや、他のウェットフードに比べ、きわめてローカロリーであるため、愛犬や愛猫の体重、体型管理にも最適!

糖分、小麦類、グルテン、イースト、人工調味料、香料など、全て無添加で(0.3%以下の低塩です)、自然なオメガ6を必要十分に含有しています。

AAFCO(全米飼料検査協会)基準適合:全成長段階対応の総合栄養食。

「ホワイト・レーベル」

ブッチの「ホワイト・レーベル」は、赤身肉が不得意な犬ちゃんのための、チキンのみ(総量80%)のフードです。

ホワイト・ミートであるため、口のまわりが赤茶色に染まりにくいので、白い毛や薄い色の犬ちゃんに最適です!

穀類は、ライスとシリアル類が6%しか含まれていません。

さらにヘルシーな野菜類と、独自の低温加熱法で調理され、オメガ3、ケルプ、ビタミン・ミネラル類がバランスよく配合されています。

子犬からシニア犬までOK♪

「ブラック・レーベル」

安心、安全なニュージーランド産のビーフとラムの赤身を主体に、チキン(肉類はソウリョウ6.5%)を配合したブッチのもっともベーシックなドックフードです。

ヘルシーな野菜類と共に独自の低温加熱法で調理され、オメガ3、ケルプ、ビタミン・ミネラル類がバランスよく配合されています。

子犬からシニア犬までOK♪

「ブルー・レーベル」

新鮮なチキンを主体に、新鮮な魚肉を配合した愛犬と愛猫の両方に供与できるドッグ&キャット・フードです。(総量に対し、チキン67%・魚25%の合計92%)

ブッチ独自の低温加熱調理がされた上で、ライス、シリアル類、オメガ3、パセリ、ケルプ、ユッカ、ビタミン・ミネラル類がバランスよく配合されています。

子犬からシニア犬までOK♪

ブッチの与え方

供与量ガイドラインを目安に、ナイフや包丁で1食分にカットし、お皿に入れてあげて与えます。

カットした残りは、空気に触れないように、切断面をラップなどで覆います。

※フレッシュキャップが別売りであります

ラップなどで覆ったら、冷蔵庫で保存します。

保存について

ブッチの製品は、冷凍しないフレッシュな状態がベストです。

冷凍する事で長期保存が可能ですが、そのまま1本冷凍してしまうと、後でスライスするのに手間がかかってしまいます。

まずはじめに1週間~10日程で消費できる量を冷蔵庫で保管し、残りを1食分づつに小分けして冷凍保存する事をオススメしています。

冷凍した場合の解凍方法

自然解凍の場合は、翌日に与える分を冷蔵庫に移して解凍します。

電子レンジで解凍する場合は、一般的な家庭用の電子レンジ(500W~600W)で30秒~40秒ほど加熱します。

温めすぎると製品が溶けだすので、様子を見ながら加熱してください。

※解凍後の再冷凍はしないでください

ダックスさん、ブッチの「ホワイト・レーベル」を食す!

ダックスさんが興奮しまくっております。(o´∀`o)

「それ、自分のですよね?」のガン見がすごいです。

しかも、鼻水でてますw

まぁ、まぁ、待ちなさい、カットしますから。と、ホワイト・レーベルをカットしている最中も横でガン見です。←

ホワイト・レーベルはこんな感じです♪

ふつうに美味しそうですよね♪

お皿に食べやすい大きさにカットして、お皿に盛ってあげてる間も、そのお皿を持って動く間も、ガン見が凄いです。←

凄く美味しそうなにおいなので、早く食べたくて、ダックスさん「待て」がなかなかできません。←

「待て」と言っても、待たずに食べだしそうな勢い&目も合わせてくれなくなりました。

早く食べたいんだろうなと思い、「よし!良いよ食べて♪」と言い終わる前にガッツガツ食べてました・・・。

いっつもこう・・・(´;◞౪◟;)

すごく美味しかったんでしょうね、めちゃめちゃ食べ終わるのが早かったですし、食べ終わったらテンションが高くて高くてw

おもちゃ投げとばして、取りに行って、おもちゃ投げとばして、取りに行って・・・

可愛いやつwwwwww♡

ダックスさん、もう若くもないので、安心して食べれる体に良いものをこれからも与えてあげたいなと思いました。

広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする