「大島椿オイル」口コミレビュー♪たくさん使い方がありすぎてビビる!

大島椿オイルを知っていますか?

私、ずっとずーっと大島椿オイルが気になってたんですよ。

口コミも超良いですしね!

今回、口コミでも評判が良い「大島椿オイル」をモニターさせていただいたので、さっそくレビューさせていただきます♪

大島椿ファンサイト参加中

広告

「大島椿オイル」ってどんな商品?

大島椿オイルは、1927年に誕生した椿油100%のヘアオイルで、髪につやとうるおいを与え、紫外線(UVB)や乾燥などによるダメージから髪を守り、枝毛やパサつきを抑えてくれるんだとか。

キューティクルの損傷を防ぎ、強くしなやかなハリを与え、頭皮に使えば、毛穴の奥の汚れをとりやすくし、うるおいのある健やかな頭皮になっちゃうんだって♪

クレンジングなど、肌にも使えるんだって♪

天然の椿油100%

大島椿は、椿の種子を昔ながらの方法で丁寧に搾った天然のオイルで、自然の恵みをそのままに、一滴一滴に椿油のチカラが凝縮しているんだそう。

原料へのこだわり

原料は椿油のみで、素材にはとことんこだわっていて、より良い製品にするために、良質の椿油だけを使用しているんだとか。

におい、ベタつきがない

大島椿は、独自の精製技術で品質を高めた使い心地の良いオイルで、酸化しにくく、においやベタつきもなく、無香料なので好きなシャンプーや香水の香りを邪魔しません。

髪・頭皮・肌に使えるマルチオイル

椿油100%だから、これ1本でさまざまな使い方できるんだとか。

髪も頭皮も肌も、全身がやさしくうるおいます。

「大島椿オイル」の使い方

髪の毛に使う場合

洗い流さないトリートメント(シャンプー後)

①洗髪後、髪をタオルドライします。

②手のひらに大島椿を1滴出し、よくのばします。

※少量で効果を実感できるので、1滴から試してください

※手のひら全体から指先、指と指の間にもよくのばします

③手グシで、髪全体にうすくつけます。

※1ヶ所につけすぎないように、必ず手グシでつけてください

【うすくつけるコツ】

・内側の髪の中間位から毛先に向けて、手グシを動かします。

・表側も手グシを使って、毛先を中心につけます。

・最後に手のひらに残ったオイルを、トップに軽くなでるようにつけます。

④ドライヤーで乾かします。

※乾かした髪の状態を確認して、使用量を調節してください

【使用料】

ショート~1滴
セミロング1~2滴
ロング2~3滴

オイルパック(シャンプー前)

①シャンプー前の乾いた髪に、全体がしっとりするまで大島椿をなじませます。

※傷みの気になる部分を中心に髪全体になじませ、くしでとかして全体にいきわたらせます

※時間を置く必要はありません

【髪全体に上手につけるコツ】

手のひらに大島椿をたっぷりとり、指の間にもよく広げてから、髪を両手ではさみ、上から下へなでるようにすると満遍なくつきます。

②ぬるま湯でよくすすいでから、いつもどおりシャンプー&コンディショナーをします。

※泡立ちが良くないと感じるときは、シャンプーの量を少し多めにしてください

※内側も丁寧に洗います

※シャンプーは1回で十分です

③ドライヤーで乾かします。

【使用量】

ショートティースプーン3杯程度(15mL)
セミロングティースプーン4杯程度(20mL)
ロングティースプーン4~6杯程度(20~30mL)

スタイリング

①手のひらに大島椿を1滴出し、よくのばします。

※少量で効果を実感できるので、1滴から試してください

※手のひら全体から指先、指と指の間にもよくのばします

②手グシで、髪全体にうすくつけます。

※1ヶ所につけすぎないように、必ず手グシでつけてください

③ブラシ等で髪を整えます。

頭皮に使う場合

頭皮ケアに使う場合(シャンプー前)

①指先に大島椿をとり、指の腹で、シャンプー前の乾いた頭皮全体に満遍なくやさしくなじませます。

※髪ではなく頭皮に大島椿をつけることが重要なので、摺り込まず、十分な量が頭皮全体に行き渡るようにやさしくなじませます

②5分程度置きます。

③ぬるま湯で髪と頭皮をよくすすぎます。

④シャンプーで頭皮を丁寧に洗います。

※泡立ちが良くないと感じるときは、シャンプーの量を少し多めにし、内側も丁寧に洗います

※1回のシャンプーで十分ですが、洗い上がりが気になる人は、2度洗いしてください

※シャンプー後、お好みでコンディショナーやトリートメント使用できます

⑤ドライヤーで乾かします。

【使用量】

ティースプーン1~2杯程度(5~10mL)

※使用する分量を小皿などに移すと便利です

※一度出した大島椿は、容器に戻さないでください

顔に使う場合

クレンジング(洗顔後)

①乾いた手のひらに大島椿をとり、顔全体になじませます。

※ご使用前に顔や手を濡らさないでください

※濡れている場合は水気をふき取ってから使用してください

②目頭から円を描くようにメイクを浮かせます。

※特に落ちにくい目のまわりは、再度少量のオイルをつけたし、やさしくなじませます

③オイルをティッシュオフします。

※お肌を強くこすらないでください

④洗顔料で洗い、すすいだ後、通常のケアを行います。

【使用量】

10~12滴

※使用量はご自分の適量で調節してください

オイルパック(洗顔後)

①乾いた手のひらに大島椿をとり、顔全体になじませます。

※使用前に顔や手を濡らさないでください

※濡れている場合は水気をふき取ってから使用してください

②5~10分置きます。

③オイルをティッシュオフしてから、洗顔料で洗い流します。

※肌を強くこすらないでください

【使用量】

5~6滴

※使用量は自分の適量で調節してください

角質ケア

①乾いた手のひらに大島椿をとり、指でクルクルと円を描くように、オイルを小鼻に優しくなじませます。

毛穴に詰まった汚れに椿油がなじみ、柔らかくなることで、角栓がとれやすくなります。

※使用前に顔や手を濡らさないでください

※濡れている場合は水気をふき取ってから使用してください

②5~10分置きます。

③オイルをティッシュオフしてから、洗顔料で洗い流します。

※お肌を強くこすらないでください

【使用量】

5~6滴

※使用量は自分の適量で調節してください

体に使う場合

全身の保湿ケア(入浴後)

①大島椿を適量、手のひらにとります。

②顔やからだの乾燥が気になる部分に、やさしく丁寧になじませます。

※特にカサつきやすい、ひじ、ひざ、かかとには毎日使ってください

※入浴後すぐのケアがおすすめです

【使用量】

自分の適量で調節してください。

ハンド・ネイルケア

①大島椿を適量、手のひらにとります。

②両手の手のひらと手の甲、指の間までオイルを丁寧になじませます。

乾燥が気になる部分はオイルを加えて保湿します。

全体にのばし、肌をなめらかに整えます。

③指と指の間、手のひら、手首を気持ちいいと感じる強さでもみほぐします。

④最後に、指先・爪に丁寧になじませます。

【使用量】

自分の適量で調節してください。

実際に「大島椿オイル」を使ってみた感想♪

大島椿オイルはこんな感じです。

サラッとしてる感じがするんですが、伸ばすとやっぱりオイルなのでベタつきはあります。

大島椿オイルは、全身ケアできるんですが、まずは顔に使用してみました♪

角質ケアとオイルパックをしてみました!

角質の気になる鼻のまわりに大島椿を5~6滴伸ばしてクルクルした後に、顔全体にも5~6滴伸ばしてクルクル♪

オイルだしサラッとしたテクスチャーなので、クルクルマッサージはしやすいです。

10分放置して、大島椿を軽くティッシュでオフし、洗顔してみました。

角質が取れた!って感じはしませんが、肌がしっとりしました♪

次は頭皮ケアと髪の毛のオイルパックをしてみました。

シャンプー前に髪の毛全体に大島椿オイルをつけました、(大さじ2~3くらいかな?)

手に大島椿オイルをとって頭皮につけたかったんですが、なかなか頭皮についてくれず・・・

もう直接頭皮にオイルがかかるように、瓶ごと振り振り!←

そして頭皮をマッサージしました♪

マッサージが終わったら、シャンプーを2回、コンディショナーをしました。

※お風呂に床がヌルヌルするので注意

ドライヤーで乾かしてみてビックリ!

髪の毛がいつもよりしっとり&サラッサラ♪

しっかりシャンプーやコンディショナーをしているので、油っぽいにおいもなく、ベタつきもありませんでした。

大島椿オイルを顔に使ったり、髪の毛や頭皮に使って思った事は、しっとりすること!

月に数回は大島椿オイルでケアしてみようと思いました♪

ただ、大島椿オイルのフタ!

ワンタッチ式に変えてほしいな・・・

私、出したらすぐ閉める人なので、大島椿オイルを手に取ってフタをしめた後、「あ、もう少し欲しいな」って場合、大島椿がついた手でフタをクルクルして開けるのはちょっと・・・

そこだけがちょっとなーって感じでした!