子供の1人でお着替えは何歳から?上手に着替えるコツは洋服の素材やデザインにあった!

2歳~3歳の子供は、だいたい1人でお着替えできるようになるみたいですね。

うちの息子君は最近やっと(3歳半)できるようになりましたけど。笑

息子君と同じクラスの女の子には2歳で完璧にお着替えできる(ボタンもチャックもお手の物)子もいて、ビックリしたのを覚えてます。(⦿_⦿)

息子君なんて、この間まで保育園にお迎えに行くと、Tシャツ裏表反対、前後ろ反対、ズボンも裏表反対、前後ろ反対の超ミラクルな格好してましたよ。

しかも下着もです。笑

ヤバい!(οдО;)ってマジで思いましたね。笑

しかも保育園の先生からも、「時間がなかったり、めんどくさくてもお母さんが着替えを手伝うのはやめて、自分で着替えがちゃんとできるように家でも練習させてください」と言われてしまったんですよ。(結構ズバッと言ってくる先生なんです笑)

息子君と同じクラスのお友達は、みんな自分で着替える事ができるんですが、息子君はできないので、みんなについていけずに泣く事が多いとも聞きました。

このままじゃ息子君のタメにはならん!と思って(気づくのが遅い笑)、家でも着替えは自分でさせるようにしました。

家で着替えの練習をさせている時に、気づいた事があるんです。

1人で着替えが上手にできるようになるコツと言いますか、こういう風にしたら子供は着替えやすいのね♪とか、いくつか気づいた点があるんです。(今さらか笑)

広告

1人でお着替えが上手になるコツ

伸びる服

1人でお着替えができるようになるには着せる服も重要になってきます。

伸びない洋服はNGです!(´・д・`)

伸びる洋服はまだ1人で洋服が着れない子供でも、どうにかこうにか着替える事ができます。←

伸びない洋服はとても着替えにくそうだし、息子君は上手くいかなさすぎて泣いちゃいます。(=∀=;)

西松屋とかで売ってる、薄手の安いTシャツとか伸びるしオススメです♪

厚手のしっかりしたTシャツは、あまり伸びないのでオススメしません。

前後がわかりやすい服

前後が分からない、前後が同じ柄や、無地の洋服はNGです。

どっちが前かな?どっちが後ろかな?と、子供は悩んでしまいます。(´Д`;)

できるだけ前と後ろがわかりやすいデザインの洋服がいいです♪

下着も一緒で、前と後ろがわかりやすい方がいいです。(^o^)

息子君の下着は柄モノが多く、前と後ろの区別が今もあまりできていません。汗

半ケツでうろついている時もあります。(パンツが前後ろ反対でお尻が隠れきっていない状態)

ゆったりとした服

まだ着れる!と、少し小さめの洋服を着せたり、ジャストサイズの洋服を着させるのはNGです。

少し大きめくらいの方が子供は1人で着替えやすいと思いますよ。(^∀^*)

ボタンやチャックの開け閉め

3歳健診の受診票のアンケートにボタンは一人でとめれるか?みたいな感じの内容があったのでさせてみたら、意外にできていたので今年の冬はバッチリ1人でできると思います。

はじめは大きめのボタンで練習すると良いですよ♪

私のポーチやバックなどについているチャックの開け閉めはできるんですか、パーカーとか、チャックを引っかけるところからスタートしないといけないチャックの開け閉めも、大きめのチャックで練習すると良いと思います!

時間があるママさんは、手作りでボタンの開け閉めのおもちゃや、チャックの開け閉めのおもちゃを作ってあげるのも良いかもしれません♪

上手くいかなくても怒らない!いや、無理ですw

「上手くいかなくても、ママは焦らず見守ってあげましょう♪」とよく言われてますが、焦ってはないですが、「なんでうまくできないの!」って怒ってしまった事もあります。(´;д; )

「昨日できたのになんで今日はできないの?!(`□´")」とか、普通に怒っちゃった事もあります。

でもそんな時は、旦那がフォロー。

「こうやって、こうやってしたら、ほらできた!」とか、私が怒ってしまった時は、旦那が優しく息子君に教えてあげたり、

旦那が怒ってしまった時は、私が息子君にやさしく教えてあげたり、なんだかんだで上手い事やってました。笑

1人でお着替えの練習の成果!

結構すんなり息子君は1人で洋服の着替えができるようになりました。

まぁ3歳半ですし、当たり前といえば当たり前なんですけどね。笑

もうあの超ミラクルな格好はしなくなりました。(前後ろ反対、裏表反対)

ある意味、息子君は保育園で有名人のような気がします。笑

やっぱり時間がないからとか、めんどくさいからとかで、自分でさせなきゃいけない事を親がしてあげるのは子供の為にはよくないんだなと思いました。

36歳、また1つ勉強になりました。

広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする